JAL株主優待券を手配し予約してくれる旅行社の仕組み

株主優待券を使って格安に航空券を入手する事が出来ます。
また、持っていなくても旅行会社が手配してくれるというプランも存在するのですが、どのような仕組なのでしょうか?

【株主優待券について・・】

もし、JALの株主であり1000株を持っていたとします。
そうすれば年間で1回の株主優待券買取ならACチケットがJALから送られてくる事になります。
なので、1年に1回は全国のどの路線でもJALを利用して普通運賃の半額で飛行機に乗る事が出来るのです。

【どんな時に優待券を使いますか?】

よく利用される時期は、割引運賃が設定されていない時期、いわゆるピーク時に利用される事が多いです。
ピーク時とは、年末年始やゴールデンウィーク、お盆です。
また、連休の始めや終わりであったり、3月後半から4月初めの卒業式や入学式、移動や転勤が多い時期でもあります。
割引運賃が設定されていない路線もあり、この場合も株主優待券を利用した方が安いのです。

【株主優待券を手配する旅行会社の仕組み】

もし、株主でない人がJALの航空株主優待券を入手したい場合は、自分で探さなければいけません。
金券ショップや、ネット販売、オークションなどと探す方法はたくさんあるのですが、比較などで手間が意外とかかってしまうものです。
また、購入した後でもチケットカウンターでJALのチケットを買う作業も自分でしなければいけません。
国内旅行をあまりしない人や、自分でチケットを普段から手配しない人にとってのこれらの作業は少し頭が痛くなってしまうものです。
けれども、旅行社でお願いしたとすればJALの航空株主優待券を入手するところからJALでの日程予約まで全て任せる事が出来るのです。
その為、株主優待券を利用した格安航空券を手配してくれる旅行社に申し込むと楽が出来るという事になるのです。

【どれくらい安くなるものなのでしょうか?】

たとえば、JALの飛行機で、羽田発、宮崎着の運賃は約3万3千700円になります。
けれども株主優待券を持っていればこの金額からの半額になる為に1万6千850円になります。
そして株主優待券の仕入れ値は様々ですが、9500円とします。
空港利用料金100円を足せば合計は2万6千450円になるので、7千350円安くなるという計算になります。
このように、株主優待券を利用する事で旅費を少しでも浮かす事が出来、また手配してくれる旅行社を使う事で更に気軽に利用出来るので、是非活用してみてはいかがでしょうか?